News

BizteX、船井総合研究所と経済産業省「IT導入補助金2022」におけるコンソーシアム契約を締結 ~コンサルティングとデジタルツールを掛け合わせ中堅・中小企業の業績向上と生産性向上に貢献~

2022/06/01

ニュースリリース

中堅・中小企業を対象に経営コンサルティング事業を展開する株式会社船井総合研究所(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:真貝 大介、以下、船井総研)とiPaaS「BizteX Connect」を提供するBizteX株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:嶋田光敏、以下BizteX)は、経済産業省「IT導入補助金2022」におけるコンソーシアム契約を結び、「BizteX Connect」が補助対象ツールに採択されたことをお知らせいたします。

main

船井総研は、中堅・中小企業を対象に専門コンサルタントを擁する日本最大級の経営コンサルティング会社であり、業種・テーマ別に「月次支援」「経営研究会」を両輪で実施する独自の支援スタイルをとり、「成長実行支援」「人材開発支援」「企業価値向上支援」「DX(デジタルトランスフォーメーション)支援」を通じて、社会的価値の高い「グレートカンパニー」を多く創造することをミッションとしています。その現場に密着し、経営者に寄り添った実践的コンサルティング活動は様々な業種・業界経営者から高い評価を得ています。

▼船井総研社との協業の背景

中小企業は日本の企業数の99.7%を占め、雇用の7割を担っていますが、少子高齢化や働き方改革への対応の観点から、ITツールの導入などでDXを推進したいが『費用対効果が分からない』『対応できる人材がいない』など共通の課題を抱えていると認識しております。
出典:『中小企業のDX推進における課題分析』
https://www.m2ri.jp/release/detail.html?id=531
株式会社MM総研(東京・港) 2022年3月

今回、こうした課題の解決に向けて、中堅・中小企業様の経営課題の解決のプロフェッショナルである船井総研社とパートナーシップを結び、当社が提供するiPaaS「BizteX Connect」を活用いただくことで、さらに幅広い企業の業務改善、課題解決に貢献してまいりたいと考えております。

▼ iPaaS「BizteX Connect」について

iPaaS(Integration Platform as a Service)とは、複数のシステムを連携し業務自動化やデータ統合を実現するサービスです。iPaaSである「BizteX Connect」は、プログラミングをすることなく、画面操作だけでSaaS(Software as a Service)を始めとした様々なシステムと連携し、ワークフローの自動化や一元化を実現できます。

▼株式会社船井総合研究所へのDXコンサルティング・経営相談はこちら

https://www.funaisoken.co.jp/form/consulting

<株式会社船井総合研究所 概要>

社 名:株式会社船井総合研究所 (URL https://www.funaisoken.co.jp/
所在地:大阪府大阪市中央区北浜4丁目4-10
代表者:真貝 大介
設立:2013年11月28日
事業内容:経営コンサルティング業

<BizteX株式会社 会社概要>

社 名:BizteX株式会社 (URL https://www.biztex.co.jp/
所在地:東京都新宿区新宿1-3-12 壱丁目参番館 2階
代表者:代表取締役 嶋田 光敏
設 立:2015年7月
事業内容:業務自動化ソリューションの企画・開発・販売