News

「KDDI Open Innovation Fund3号」の新投資プログラム「B2B SaaS Fund Program」第1号案件として資金調達

2020/04/20

ニュースリリース

BizteX 株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:嶋田 光敏)は、この度、KDDI 株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下「KDDI」)が投資を行う「KDDI Open Innovation Fund 3号」(運営者: グローバル・ブレイン株式会社)の新投資プログラム「B2B SaaS Fund Program」の第1号案件として資金調達を行いましたので、お知らせいたします。

fund_program

「KDDI Open Innovation Fund 3 号」は、運用総額約 200 億円規模を誇るコーポレートベンチャーファンドで、AI、IoT、ビッグデータ、フィンテックを注力分野としています。
KDDI は、クラウド市場および SaaS (Software as a Service) 領域の成長が見込まれる中、ビジネス変革をリードする B2B SaaS ベンチャーに対して積極的な投資と事業支援を実施するため、新たな投資プログラムとして「B2B SaaS Fund Program」を追加しました。

当社が本日実施いたしました総額 6.3 億円の資金調達(別途公表※https://www.biztex.co.jp/posts/2020-04-20-raising-funds/ )の一部は、同プログラムの第1号案件として出資いただきました。
この度の出資について、KDDI 株式会社 経営戦略本部 ビジネスインキュベーション推進部長の 中馬 和彦様より、以下のコメントを頂戴しております。

「企業の働き方改革やデジタルトランスフォーメーションが加速する中、BizteX 社は、拡大する RPA 市場においていち早くクラウドに注力し、幅広い業界で素晴らしい評価を得られています。また、高い技術力を背景に、優れた UX のプロダクトをお客さまに提供できる数少ないチームです。今後ますます、法人のお客さまのビジネスモデルの変革を共に実現すべく、継続的な協力体制を築き、全力でご支援させていただきます。」

当社では、この度の増資を機に、新戦略『Automation Tech 群戦略』を推進し、働き方改革時代のワークフロー改善における“ハブ”として、幅広い企業様の業務課題解決に貢献してまいります。

本件に関するお問い合わせ先

info@biztex.co.jp