News

利用社数5,000社超を誇るビジネスチャット「WowTalk」とサービスアライアンス

2020/03/11

ニュースリリース

wowtech_biztex_alliance

本日より、ワウテック株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:瀬沼 悠、以下「ワウテック」)が提供する利用社数5,000社超を誇るビジネスチャット「WowTalk(ワウトーク)」と、国内初のクラウドRPA「BizteX cobit(ビズテックス コビット)」のサービスアライアンスの取り組みを開始したことをお知らせいたします。両社の技術連携を皮切りに、サービス連携を含めた「革新的なワークスタイル」の提供を推進してまいります。

■サービスアライアンスの背景

wowtech_biztex_alliance

働き方改革を背景に、多くの企業では、ビジネスチャット・社内SNSだけでなく、SaaS(*1)を導入する流れが近年進んでおります。WalkMe株式会社と株式会社日経BPコンサルティングが、2019年に実施した「SaaS導入後の定着化に関する調査報告書(*2)」によると、一社あたりのSaaS導入平均は5.9、従業員1,000人以上の大企業では7.6となっております。今後も、SaaSに対する投資が増えると想定される一方、SaaS導入後の最大の課題は、ユーザーへの定着化であることが明らかになりました。
ビジネスパーソンが使いこなさなければならないSaaSが増えていくと予想される中、「あらゆるシステムのUI(ユーザーインターフェース)がチャットに帰結していく時代に入った(*3)」とも言われており、そのUI/UXの良さから、チャットボットと呼ばれる機能を導入する企業も増えてきました。

■今後の展望

今回の取り組みにおいて、ワウテックとBizteXは、「ビジネスチャット・社内SNS」をインターフェースに革新的なワークスタイルを提供するため、「WowTalk」と「BizteX cobit 及び API連携ツール」との技術連携を皮切りに、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進をサポートしてまいります。

参考)
*1:「Software as a Service」自社でシステムを保有せず、インターネット経由でソフトウェアやサービスを利用する
*2:https://walkme.co.jp/saas-report-download/
*3:2018/5/12付「日経コンピュータ」

■ビジネスチャット「WowTalk」について

ワウテックが開発・提供する「WowTalk」は、『直感的な操作性』『導入教育いらず』『数万規模の導入実績を誇る安全性』という特徴を持つ、高いリピート率(満足度)を誇るビジネスチャット・社内SNSです。
WowTalkは、働く環境を選ばない、いつ・どこにいてもスマートフォンやPCから、メッセージやスタンプ、画像ファイル、ドキュメントファイルなどのやりとりが可能です。これまでに5,000社以上の利用実績を持ち、「トーク」「共有(タイムライン)」「無料通話」「タスク管理」という基本機能、そのほかにもメンバーリスト、ファイル送受信、外部サービス連携など機能が充実しております。
また、WowTalkは管理機能が充実しており、管理者が全社員のIDとパスワードを発行し、社員アカウントを一括管理することが可能です。必要に応じて各種機能の有効範囲を個人単位で指定でき、重要な機密を扱う業種や情報の統制が必要な中・大企業でも安心してお使いいただけます。

■ワウテック株式会社について

社名:ワウテック株式会社
所在地:東京都中央区築地7-2-1 THE TERRACE TSUKIJI 6F
代表取締役:瀬沼 悠
設立:2011年4月
事業内容:ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」、名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」を中心に、法人向けITソリューションを自社開発・運営
企業URL:https://www.wowtech.co.jp/

本件プレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000027337.html

本件に関するお問い合わせ先

info@biztex.co.jp